植毛後、離れ小島にならないように自宅でケアするオススメの方法

 

 

植毛後、離れ小島にならないように自宅でケアするオススメの方法

 

 

 

植毛をする上で最も心配なのが植毛をした場所と、残ってた髪の間に隙間が生まれることではないでしょうか。

 

残ってた髪もAGAの進行は進んでいきますので、植毛した後も怠ることができません。

 

 

植毛できる最大本数としては約13,000本なので、2、3度植毛することも可能です。
ただ、あまりにたくさん植毛をすると後頭部の傷の範囲が広がってしまうのと、お金がいくらあっても足りません。。

 

1株あたり植毛クリニックにもよりますが1,200円費用がかかりますので、5,000株植毛した場合植毛代で600万かかります(1株あたりの毛の本数は2〜2.5本程度)。そこで、なるべく自宅で離れ小島にならないようにするオススメの方法ですが、副作用がないけど効果の高い育毛剤を使うのが良いです。

 

 

 

おすすめなのがザスカルプ5.0cという育毛剤です。

 

 

 

植毛後、離れ小島にならないように自宅でケアするオススメの方法

 

 

こちらの育毛剤はキャピキシルと成長因子を含んでるもので、キャピキシルはミノキシジルの効果の3倍あると言われていますし、成長因子の注入はAGAのクリニックが薄毛治療のプログラムの一つとして取り入れられてます。

 

そんな成分ですがどちらも副作用がないというのが嬉しいポイントです^^

 

 

ミノキシジルの場合、痒みが酷かったり中には動悸や立ちくらみがしてくる人もいます。

 

そういった副作用に敏感な体質だった場合、それを何十年も続けたら体調を崩してしまいますし、副作用がないというのは強みだと思います。

 

 

デメリットとしては実際ミノキシジルタブレットよりも薄毛治療に効果があるのか?と言われると生えない人もいるので個人差があるという点ですね。やはり発毛をするならミノタブとフィナステリドの組み合わせは今も強いので、その組み合わせよりもキャピキシルと成長因子の組み合わせの方が良いかは微妙なところです。

 

 

ただ、抜け毛予防に繋がったという人が多いので現状維持をすることが出来ます。

 

 

 

 

そして、値段もザスカルプ5.0cは定期で購入すれば1万円で買うことが可能。

 

 

植毛で5,000株を移植した場合と2,000株移植してその後は育毛剤で予防した場合、どれぐらいで合計金額が同じになるか計算してみたところ、

 

 

植毛5,000株 600万円
植毛2,000株+自宅ケア 240万円 + 育毛剤360万円(ザスカルプ5.0c 40年分) = 600万円

 

 

 

ザスカルプ5.0cの定期購入で頼んだ場合、届くのに1か月・35日・40日が選べます。
40日で1本使い切れるかどうかぐらいなので、40日で計算すると育毛剤による予防費に40年分は使えます。

 

 

後頭部の傷を広げない分、キャピキシルと成長因子が含まれた育毛剤を使って自宅でケアするのはおすすめですよ^^

 

以上、植毛後に離れ小島にならないようにするオススメの方法でした。